Entries

うれしいご報告とお礼




本日、私、富永 浩世宛に、たくさんの猫缶が届きました!
いわきのリスタさんからです。

えーと、小田原猫やってる富永に??  ではないんです。
この恵まれた沢山のフードは、全国の皆様から救援本部さんに集まったご寄付の分配を受けたものだそうです。
なんと600万円って、めん玉とびだしそう。
つまり被災動物を助けるために使って下さいというものだそうです。

それで、なんで富永の所にも分けて頂けたかというと、
実は、そもそも、このブログのタイトル「犬猫ボランティア応援ブログ」であって、活動している個人のボランティアさん達も助け合って犬猫助けていこう、そういうブログにしようと思って始めたんです。
ひとりひとりのボランティアの活動が実際にはどれだけ多くの命を助けているか、そこを支える事こそが犬猫の命が現実的にすくわれることなんだということを現場で活動する私富永が一番実感していることだからです。

ただ忙しすぎて、小田原多頭飼育猫のこと書くだけで精一杯になってました。
そしたら、応援ブログが、応援されるブログになってしまいました。
リスタさん、応援本当にありがとうございます。


私の活動内容、今更ですが、ちょっとお話します。
福島3.11からいてもたってもいられず、今なお通っています。
メインは、飯館村です。福光の家(ふっこうのいえ)のわんちゃんたちの所へもよく行きます。
それから旧警戒区域大熊町、今は、国有化中間貯蔵施設になる区域の取り残されている猫さん達のレスキュー活動に、どうしても人が足りないときなどピンチヒッターで入っています。

そして、いつもここで書いている小田原多頭飼育猫崩壊現場に関わってから、飼主さんと猫達の再出発のために一緒に猫達を守っています。

後は、地元地域の猫達に目を向けつつ、時々、あっちゃこっちゃ何かあれば気になって走り回っています。


仕事も一時出来ない事情もできたり、何かと活動を継続するのも厳しいです。
1回2回ならできる事沢山あるけど、継続しないと犬猫生きていけないってのが厳しい。
でも、個人の力の限界。交通費や大量のフード買ったりで遠い福島の活動、通いきれなくなったボランティアさんは沢山いると思う。だから、本当に弱い動物達助けるには、そこまで支援が行き届かなくてはダメなんだといつも思ってました。

リスタの鈴木さんは、ご自分がその経験をしてきているからよくわかって下さっていたんですね。
でも、どこも余裕はないから自分の所守っていくだけでいっぱいですよね。
だから、今回、真っ先に、福島の現地で活動を続けている個人ボラさん達に届けてくれたんですね。
私達個人の存在って殆ど目を向けられることないから、それが、すごく嬉しいです。

また、頑張らなくちゃ。
次回の福島入り、みんな、ご馳走持ってくよー。待っててー。
来月上旬に飯館に行きます。たくさんの子に届けたいと思います。わくわく。


鈴木さんには、飯館のわんこアカが預かり先で脱走した時、すぐに来てくれて保護していただきました。
いろいろお世話になってます。
鈴木さんのお気持ち、救援本部さんにご寄付をお寄せ下さった皆様のお気持ち、無駄にする事のないよう、今後も頑張ってまいりますので、見守って頂けたら幸いです。

どうも、ありがとうございました。


富永 浩世





しあわせー  よだれでそう。
IMG_2729.jpg


IMG_2732.jpg


IMG_2731.jpg


IMG_2733.jpg



リスタさんの応援も宜しくお願い致します。
http://ameblo.jp/lystoanimals/entry-12086527127.html
スポンサーサイト

バナーで応援!
1日1回クリックしてね!





Appendix

里親またはお預かりのお申し出と、週1回程度現地ボランティアお申し出専用

メールフォーム

お名前:
都道府県:
住所:
電話番号:
メール:
本文:


プロフィール

team.odawara

Author:team.odawara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR