Entries

・小田原多頭飼育猫 今後は、こちらのブログで経過をお伝えしてまいります。

小田原多頭飼育猫2014.8月15日までの経過は、犬猫救済の輪動物愛護ドキュメンタリーブログ カテゴリー 多頭飼育崩壊神奈川 でもご覧になれます。
     DS01621s.jpg





多頭飼育崩壊小田原猫77匹の救済活動にあたりまして、皆様からのご支援ご協力に深く感謝を申し上げます。
犬猫救済の輪では、状況をタンポポの里様より知ることとなりました。

神奈川県では、同時に、鎌倉でも多頭飼育崩壊が起き、まずは、全ての猫を殺処分をしないで救う事を優先してのレスキューとなりました。
鎌倉は、わづか数日後の強制撤去の為、現場から猫達全頭を引出して移動しなければならない状況でした。
小田原は、不妊手術をせずに増え続けて、経済的にも、世話もできない状況となったもので、増やさないようにして里親探しをして減らしていく方向で進めることになりました。

犬猫救済の輪では、小田原の77匹の全てを、一旦、TNR日本動物福祉病院に受け入れ、必要な医療と、ワクチン不妊手術を施す協力を申し出させて頂きました。そのうちの8匹は子猫で、タンポポの里様で引取り里親探しをすることになりました。

また、1匹は、重度の横隔膜ヘルニアで、手術を前に息を引き取りました。
 

不妊手術により、これ以上増える事は無くなりました小田原猫ですが、崩壊現場に戻っての人手もない、食べ物も十分にない暮らしを立て直すのは容易ではありません。なにより川崎―小田原間という距離は、猫達の健康状態を守るのに大きな障害となり、ボランティアさん達が呼びかけで来て下さるまでに、残念なことに3匹の命を栄養失調で失いました。


幸い、小田原多頭飼育崩壊と鎌倉多頭飼育崩壊でも、積極的に現場に走り、レスキューに尽力して下さいましたボランティアの富永さんが、ボランティア申し出の皆様と連絡をとって下さり、いまやっと、小田原現地での猫達のお世話にも着手したところでございますが、体制が整わないうちに死亡が重なるなど不幸な出来事も止まりません。

人と猫とが暮らすという環境には、あまりにも程遠かった劣悪な環境も、皆様からの支援物資の猫トイレ、砂、器、掃除道具、洗剤、カーテン、タオル等を有難く使わせていただきまして、少しづつ改善されつつあります。
今後につきましては、まだまだ、環境を整えていかなくてはなりませんことと、痩せている2キロ代の子をはじめ、猫達の体調管理は欠かせません。

怯える子達ですが、さわれる子もいます。個別に手をかけてあげれば心を開ける子たちではないかと思われます。
預かりボランティアさんの募集、人になついた上でトイレのしつけもできれば、里親さん探しもしてあげたいです。
飼主さんに、多頭を養う経済力を求めることは今後も厳しすぎます。


小田原多頭飼育猫につきましては、当会のブログで時々お伝えしてまいりましたが、当会の活動が被災地やセンター、シェルター、動物病院と幅広く、ブログがわかりづらいため、これからは、ボランティアの富永さんのブログの方でお伝えしていくことになりました。
私が、小田原多頭飼育猫から手を引くという事ではございません。
しばらくは、こちらのブログの方から、私も、記事を書かせて頂きます。


こちらのブログで、経過や状況をお伝えしてまいりますと共に、
ご支援のお呼びかけもさせて頂きます。
ブログもやっと立ち上げられたところです。
少しづつよくしてまいります。

小田原多頭飼育猫の未来に幸せを!
これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。






不妊手術を施しもう増えることはありません。けれど、これからも崩壊現場で生きていくしかない多頭の子達が、餓えることなく安心して暮らしていけますようにどうぞ、温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

アマゾンほしいものリスト

小田原多頭飼育猫への支援金口座  (当ブログにて収支報告をさせて頂きます)
新生銀行 支店名: 本店    普通口座 2143185
口座名義 富永浩世 (トミナガヒロヨ)


スポンサーサイト

バナーで応援!
1日1回クリックしてね!





Appendix

里親またはお預かりのお申し出と、週1回程度現地ボランティアお申し出専用

メールフォーム

お名前:
都道府県:
住所:
電話番号:
メール:
本文:


プロフィール

team.odawara

Author:team.odawara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR