Entries

・悲しくてやりきれない

夕べ、川崎を夜の7時に出発して、小田原多頭飼育猫の現場へまいりました。
そして、日にちが変わったAM3時自宅に帰ってまいりました。

その間、起こったことを、何から、書いてよいのかわかりません。
涙を流すことさえできず、時間に追われてやるべきことをひたすらやり抜きました。

それから、気持ちをしっかり持たなくてはと、言い聞かせて、歯を食いしばるようにして、
事故を起こさないようにと、両手に力を入れて運転して家に辿り着きました。

今とめどもなく涙が溢れ流れて、ぐしゃぐしゃです。
私の力では救えない子達。
川崎―小田原間の時間をどうしてもとれない。行かなければ死ぬ。
なんで、あの子達が死ななくてはいけない。
なんで、なんで、なんでなんだ。   ゆい

DSC02193.jpg



DSC02194.jpg



DSC02197.jpg
スポンサーサイト

バナーで応援!
1日1回クリックしてね!





Appendix

里親またはお預かりのお申し出と、週1回程度現地ボランティアお申し出専用

メールフォーム

お名前:
都道府県:
住所:
電話番号:
メール:
本文:


プロフィール

team.odawara

Author:team.odawara
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR